< 前の記事はこちら

角本さんには、大事にする営業スタイルがある。
将来やっていきたい事業の構想だってある。
色々と教えてもらった。

フットワークよく会いに行く

「営業で一番気にしているのは、お客さんと会うこと・話すことなので、何もなくても突然行ったりします」
もし担当者さんが不在でも、他の人と話をするという。
「最近会ってないっていうことを自分の中で意識して、時間があればすぐにスケジュールに入れて会いに行っちゃいます」
常に情報交換をする。
自分の存在をいつも頭に入れてもらう。
「アポ取って1時間しっかり話して、というやり方よりももっとライトな感じですね」
サッと行って新しい資料をお土産に渡す。
”もし興味があったら連絡ください”と伝えて立ち話もする。

角本さん写真

お客さんが自分についてくれるように気を付ける

結果、訪問された相手は”角本さんって変な人だね”と感じるそうだ。
「でもそういうことをやっていると、転職した時も普通なんですよね。”仕事変えたんです” ”そうなんだ。何やってるの?何かあったら担当者紹介するよ”って言ってもらえたり。お客さんが自分についてくれるイメージです」
会社ではなく自分にお客さんがついてもらえることに一番気を付けている。
「会社の名前で仕事していて、辞めた時に”お前誰だっけ?”って話になったことが昔あったんです。これじゃダメなんだなって思いましたね」

人生を賭けて同級生を増やしていくイメージで活動する

連絡くれたらすぐ行きますよ、という関係を築いておく。
小回りが利く人という認識を持ってもらう。
「お客さんはすぐ連絡くれますし、すぐ提案くれますね。その代わり、僕ちょいちょい顔出しますよってやってます」
とてもいいと思うが、ずっとやり続けるのが難しい面もありそうだ。
「イメージは小学校の同級生みたいな感じです。毎日会っていて、卒業すると会わなくなっていくけれど、信頼関係はいつまでもあるよ、みたいな。そういうのを人生をかけてずっとやっていきたいなと思います。だから、営業しているって感覚はまったくないですね」

角本さん写真

焼き鳥屋さんをやりたい

今取り組んでいることと別な業務をするなら、角本さんはどんなことを選ぶだろう。
「焼き鳥屋をやりたいですね」
それはどうして?
「焼き鳥屋に集まってくる人の空気感が大好きなんですよ。あの空気の中にいるのも好きだし、自分でもあの空気を作れたらいいなって」
ビジネスマッチングは焼き鳥屋から、というのも見据えている?
「そこからマッチングが生まれるのも好きだし、そういうのを抜きにして飲んでしゃべるのも好きですね」
この話だけでも角本さんの人柄が伝わってくる。

新しく働きやすい環境をつくる事業がしたい

「他にも、働き方の提案をしていきたいですね」
仲間と一緒に会社を作りたい。
今まで働けなかった働き方を実現したい。
新しく働きやすい環境を作りたい。
自ら実践した働き方を社会に提供したい。
「事業としてはその形が一番やりたいですね。僕は自分がフレキシブルに働いているので、そういう働き方の選択肢をみんなが持っていてもいいなと思っています」
この話がもう少し広がると教育にたどりつく。

角本さん写真

働き方の選択肢を提示していきたい

「30歳くらいになって会社勤めに疑問を持っている仲間に、辞めて個人事業主になったってやり方によっては1000万くらい稼げるんじゃないの?という話をしたりすると、受け入れられることもあれば、”お前の幸せの尺度を押し付けるな”と言われることもあります」
明るい角本さんも、後者の反応はショックだ。
「働き方の選択肢を選んでチャレンジできる環境があれば人生はもっと変わるのになって思うことがあります。あくまで個人的な考えですが、”考え方が固まってしまう前に選択肢を提示する”っていう仕事は将来的にやりたいなと思います。働き方の選択肢を増やしていきたい。やっぱり教育です」

次のインタビューはこちら >

角本 拓也(かくもと たくや)さん
1985年生まれ。ビジネスチャットサービスを提供するChatWork株式会社(チャットワーク社)のビジネスマッチング事業と広告事業に携わっておられます。事業統括と商品開発、営業や人員のマネージメントなど主にフロントサイドの業務で幅広くご活躍されています。

毎週火曜日・木曜日 朝更新!