Pocket

独立してフリーランスとして働くようになると、企業に勤務していた時とは時間もお金も意味と価値が変わります。その変化についてや、フリーランスとしてどんなことを考えて働いていけばいいのかについて、まとめてみました。

バナー

独立すると変わる時間とお金の意味と価値

企業に雇用されて勤務していた時には、月に1度給料日がありました。完全成果報酬など一部の報酬形態の方を除いて、月々決まった額面に基づいた給与が支払われていたと思います。

少し雑に言ってしまえば、プレゼン資料をまとめている時間にも、営業先に移動している時間にも、お金が発生していることになります。自分の人生の時間と労力を誰かのために費やしているからです。雇われて働くとはそういうことです。

独立してフリーランスになると、上記のような意味での「給料日」というものがなくなります。フリーランスは、売上から経費を引いた残りがすべて自分のものなので、お金が残っている限りいついくら使ってもいいのです。そのため、給料日という概念は無くなりますし、自分ですべてのお金をコントロールする必要があります。

余談ですが、独立して自分が事業主になると、給料日は雇った人に給料を払う日になります。フリーランスもアルバイト等を雇うことはできますので、雇った場合にはそのようなことになります。

また給料日が無くなることは、「お客様から自分がいただけることになったお金」以外には収益が無くなることにつながります。プレゼン資料をまとめている時間や営業先に移動している時間にはお金が発生しません。

そのため、そういった「直接お金にはならないが、お金を得るために欠かせない時間」はなるべく短時間で済むようにすることと、そのような時間の分も織り込んだ金額の報酬をいただくことが大切になります。

収益に結びつく時間とその下準備の時間をバランスよく

会社に勤めていた時にはお金(経費)を抑えるために時間と労力でカバーしてきたという方もいらっしゃるかもしれません。

「経費の申請のほうが手間なので自分でやってしまおう」

「社内のメンバーで一気に頑張れば何とか終わらせられる」

こういったふうに。

独立してひとりですべてをやらないといけない状況になると、この思考は危険です。最悪の場合、命取りになるかもしれません。

上で述べたことからも分かる通り、直接お金にはならない活動にばかり時間を取られるのは好ましくありません。「商談して購買を決定してもらう」という部分になるべく多く時間を使いたいところですし、それが売上を増やしていくために必須のことです。

一方で、商材を理解する、プレゼン資料をまとめる、といったプロセスも商談を充実させて購買を決定してもらうためには欠かせない時間です。

バランスよく行う必要があり、このバランスをいかにうまくハンドリングできるかがフリーランス営業職の難しさなのだと思います。

経費をうまく使う

フリーランスになると経費をどう使うかを自分で決めることができます。

自分自身が決済者なので、面倒な経費の申請も必要ありません。

本当に必要なことに時間を確保するために経費をうまく使うといいかもしれません。

たとえば、法人を持たず完全な個人事業者として活動しているフリーランスは確定申告をすることになります。この確定申告、開業初年の勝手が分からない頃にすべて自力でやって、「申告に行く前の3日間徹夜をした」などといった話も聞くことがあります。

税理士さんに依頼をすればすべてアウトソーシングすることができます。税理士費用という経費をうまく活用するのです。

確定申告は納税に関係することなので非常に大切な活動には間違いありませんが、残念ながらそれ自体が収益を生むものではありません。

専門家に費用を払って依頼することで、自身はその時間を収益を生むための活動に使うというのはとても良い意思決定ではないかと思います。

時間も洗練させていく

自分が本当にやらないといけないこと=収益を生む活動に時間を使えるようになったら、その時間自体も洗練させていくといいと思います。

なるべく短時間で、より意味のあるアウトプットを出す、ということです。

たとえば、商材理解は短い時間に深いところまで、

・提案時に顧客の課題をクリアにできるポイントはどこか

・どういった提案の切り出し方をすると魅力が最大化できるか

そういった具体的な視点を持って情報をインプットしていくようなことができます。

また、自分自身の時間の使い方だけでなく、誰かと会う時の時間の使い方にも気を付けてみたいところです。

相手がフリーランスなら自分と同じような時間やお金に対する事情を負っているはずですし、どこかに勤めている人だとしても時間の価値は同様です。

約束して確保してもらったその時間をできる限り良い時間にすることを意識するといいと思いますし、そこが定まると準備の質も変わってきます。全体的な時間の使い方の質が変わってきます。

固定報酬のある案件をご紹介できそうです

そうはいっても、やはりいつも「売れた分だけが収益になる」というスタイルだと疲れてしまうこともあると思います。

そんな心配のあるフリーランス営業職の方や、これから営業のフリーランスとして独立を考えている方は、kakutokuを使ってみませんか?

kakutokuは「優秀な営業職に営業支援を依頼したい企業」と「フリーランスの営業職」のマッチングを提供するサービスです。

あなたの営業力を求めている企業の案件が多数掲載されています。
登録後、気になる案件に営業支援の提案を送ってみてください。
企業の担当者が提案を気に入れば面談に進み、その後採用となれば営業活動を開始できます。

案件は固定報酬のあるものも多数揃っていますので、安心して働けると思います。

上述のようなマインドを持って取り組んでいただければ、きっと成果を出していくこともでき、成果報酬にも結びついていくと思います(固定報酬+成果報酬という報酬体系の案件も多くあります)。

利用は無料ですので、まずは使ってみてください。良さが分かるはずです。
ご登録をお待ちしております。

バナー

Pocket