営業職の美技に見惚れるWEBメディア - 毎週火曜日・木曜日 朝更新!

最新記事

責任者クラスとして営業畑を歩んできたからこそ語れる、ちょっと過激で、物凄く真っ直ぐな、営業で成果を出すためのいくつかの持論。

前職では一部上場企業の営業責任者。現在は営業職17名をまとめる営業所長。どちらも成果を出してきたからこそ昇進できるポストです。それだけに、営業職として成果を出すためにどうすればいいのか、良い営業職とはどんな存在なのか、よくご存知です。ジブラルタ生命保険株式会社で営業所長をされている佐藤智洋さんのインタビュー最終回は、営業職としてのココロエをお聞きしました。

営業職17名をまとめるマネージャーが日々実践している、チームマネージメントのココロエとちょっとしたワザ。

「表面的に見えることは見ません」「1人でできることは1人の時間にやります」「いいところを見つけて認めてあげることだと思います」所長として4期目を迎え、17名の営業職を束ねています。日々のマネージメント業務の中で気を付けていることや実践していることなど、佐藤流マネージメントの極意を教えてもらいました。ジブラルタ生命保険株式会社で営業所長をされている佐藤智洋さんにお聞きしています。

大切な家族に導かれるかのように生命保険の世界に転じた、とある転職エピソード。

一部上場企業の営業責任者から35歳で生命保険営業の道へ転職。そこには、大切な家族とのエピソードがありました。「兄が、この仕事をやれと言っているのかなとは考えました」今回もジブラルタ生命保険株式会社で営業所長をされている佐藤智洋さんにお話を伺いました。

生命保険営業のプロが語る、「生命保険の真の価値」に関する1つの考え方。

生命保険への加入を検討する場合、どんなふうに考えればいいのでしょうか。また、保険をセールスする営業職は、どんなふうに考えればいいのでしょうか。そんな疑問に明確に、ご自身の考えを語ってくれたのが、今回お話を伺った佐藤智洋さんです。ジブラルタ生命保険株式会社で営業所長をされています。基本に忠実に、押し売りでも遠慮でもない1つの考え方を示してくださいました。

★イベント報告・前編★“何でも売れる営業マン”になる方法〜自分の名前で仕事をするために〜

2017年11月3日におこなったイベントの内容をまとめました。トークセッションで2人のパネラーが話したことのエッセンスをお届けします。自分の名前で仕事をして何でも売れる営業職になるためのヒントが隠れています。ご覧ください。

仕事が好きで営業が好きで社長をやりたいという原さんの今までと今とこれからの話。

「大学の時はサークルを作って運営してました」「私もアフターファイブ楽しもう、くらいの感じで就活していたんです」そんな就職活動から営業の道へ転換。どんなきっかけがあったのでしょうか。株式会社レイゼクス取締役・原紀子さんのインタビュー最終回は、原さんのこれまでやこれからのことなどを伺いました。「仕事が好きだから人生が楽しい」という原さんの姿に元気をもらえます。

営業にとって大切なこと論と、部下指導についての話。

営業として大切なことは何ですか。原さんはその問いに「相手の立場に立つこと」とシンプルに答えてくれました。相手の立場に立つ。シンプルな言葉だからこそ難しいことを、原さんはどう捉えてどうやっているのでしょうか。また、部下指導は「向いているかどうかは別にして、好きですね」と明言する原さん流の、マネージメントの考え方もお聞きしました。今回も株式会社レイゼクス取締役の原紀子さんのお話です。

全然営業できなかったクライアントの営業力を、利益ベースで月100万円増加させて自ら営業を語るレベルにまで劇的に向上させた、営業力養成のための工夫。

営業支援活動の一環で、営業のノウハウをクライアントに伝えて、クライアント自身で営業活動できるようになってもらうことも大事にしています。今回は、営業力が飛躍的に向上したあるクライアントの事例をお聞きしました。「結果、利益ベースで100万円くらい毎月上がったという事例があります」株式会社レイゼクス取締役の原紀子さんにお話を伺いました。

自宅マンションで男性社員に囲まれながら創業期をたくましく乗り切って今は稼ぎ頭となった、ある女性営業職の話。

大学を卒業してから営業職一筋でやってきた原さん。20代前半の頃に現在の会社を創業し、今では稼ぎ頭として大活躍しています。「一番最初に立ち上げたばかりのときは、私の自宅マンションのめっちゃ狭い部屋で始めたんですよ」「他の2人は男性なのに夜中の2時3時まで帰らないからストレスが凄かったですね」株式会社レイゼクスの原紀子さんに、創業当初のお話を伺いました。